愛知県安城市のクサカ。注文住宅、リフォーム、マンションから土地、不動産のことまで創業100年の株式会社クサカにお任せ下さい。

無料耐震チェック

建てたのはいつですか?昭和56年より前ですか?平成12年よりも前ですか?

昭和56年6月1日に建築基準法が改正されました。その3年前の宮城県沖地震で6,000戸の家が全半壊した為に、新しい住宅の壁の量がこれまでの1.4倍に増えました。左の家は新しい基準の家、右は古い基準の家です。2軒とも外壁に板が打ちつけてあります。左の家には板の内側に筋交いが取付いています。
筋交いが無い家は自重が支えきれずに崩れたケースが多い。阪神大震災で亡くなられた6434名の内、直接死因の9割が家屋の倒壊や家具の下敷きでした。
また、被害調査から、柱が土台の根元から抜けたり、壁のバランスが悪く、家の一部が大きく揺れて倒壊した事がわかりました。
5年後の平成12年に建築基準法の改正が有り、地盤調査の義務を加えて、金物の強化と壁の配置の計算が必要になりました。

お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求はこちら

0120-73-6214

営業時間:平日10:00 ~ 19:00
定休日:水曜日、日曜日

メールでのお問い合わせ